【試乗】S660のCVT、6MTモデルに試乗!幌の開閉方法が絶望的.. 気になるスペックと価格は?

スクリーンショット-2015-03-27-12.23.13

ホンダは軽オープンスポーツカーのS660を2015年4月2日から発売する。気になる価格は「α」と「β」の2モデルがあり、198万円~218万円となっている。

また、発売を記念した特別限定車「S660 CONCEPT EDITION(エスロクロクマル コンセプト エディション)」が、660台限定で同日に発売される。価格は税込み238万円。

S660はダイハツコペンやスズキのアルトターボRSを相手にどれほどのパフォーマンスを見せるだろうか。

ちなみに、S660の読み方は「Sろくろくまる」みたいです。ずっと「Sろっぴゃく、ろくじゅう」だと思ってたよ….

エンジン、スペック

S660のエンジンは、Nシリーズに搭載されてきたS07A型を、シート後ろに搭載するミッドシップ型。出力は基本的にN-ONEターボ等と同等だと思われる。

スクリーンショット-2015-03-27-12.23.40

基本情報

エンジン S07Aターボ
 最高出力 64PS/6,000rpm
 最大トルク 104N(10.6kgf)
 変速機 6速MT / 7速CVT
 駆動方式 MR
 全長 3,395mm
 全幅 1,475mm
 全高 1,180mm
 車両重量 830~850kg

こうして見ても、軽なのでスペックは期待出来ないですね…。車重が凡そ850kgなので、64PSエンジンではスポーツカーとして考えた場合、明らかに物足りないだろう。

【6速MT & ターボ確定!】ホンダS660の燃費や内装について内部資料が流出
次期型ビートとされるホンダS660の内部資料が流出している。 S660コンセプトでは7速CVTだったので、MTを選ぶ事が出来ないのかと...

ステアリングはグリップが太めのDシェイプ型を採用している。

660staring

歴代ホンダ車の中でも最小なんだとか。

ペダルレイアウトはスポーツカーらしく自然。
シフトノブ取り付け位置も自然な位置に取り付けられている。

スクリーンショット-2015-03-27-12.08.10

そして、軽自動車初の6速MTの採用。

やはりあえて高額なS660を選択するというのは、この6速MTがあるからではなかろうか。

6mt s660

MTのレブリミットは7700rpm。逆にCVTモデルは700rpmダウンの7000rpmとなっている。メーターは9000rpmまで刻んであるので、スポーツカーに乗っている感じにさせてくれる。

8500rpmまでぶん回るホンダビートの感覚とは違って来るが、S660もターボエンジンにしては十分高回転まで回る方だろう。

NA VTEC最高だぜ! 9500rpmまでぶん回しながら DC2 インテグラ タイプRで○○○km/hまで加速
以前ご紹介したターボで武装したVTECとは異なり、こちらは漢のNA。 映像の車両はDC2型インテの最高出力200PSから、230PS付近ま...

タイヤサイズはフロント165/55R15、リア195/45R16の前後異径サイズのアドバン・ネオバを採用。

スクリーンショット-2015-03-27-12.05.44

ハンドリング

ホンダ S660、決して速くないけど楽しい。
思ったより素直で、ハンドル切り方にダイレクトに反応する。ボディ剛性は想像以上に高い。

サーキット走行時はGメーター計測だと軽自動車なのに、横Gが1.2Gくらい出ちゃう。コーナーを全快で突っ込んでもアンダーステアが出ないのは素直に驚き。

これじゃあ軽自動車にしておくのが勿体ない。
ECUチューンとブーストアップで90~100PSくらいにして、ボディをもうちょっとワイドで5ナンバーの普通車ならもっと面白いスポーツカーになるのかも。

まあ、そこをあえて軽自動車枠に納めちゃう縛りプレーの中で作るっていうのが、ホンダの本気なのかもしれないが…

各評論家の意見をまとめてみると、軽量なスズキ アルトターボRSよりステアリングインフォメーションは絶大に高い。特に顕著なのはサスペンションの取り付け部の剛性などが全く違っているのだとか。

アルトターボRSでもKYBショック使ってたりで、そこそこお金かけてるが、そもそも車両価格が違いすぎるから、そこはあまり比較しちゃ行けないかも。

NA最強? 最大許容回転20000rpm!!! ホンダF1 3.0L V10エンジンをテストする映像
2000年から2005年までF1は3.0L V10 NAエンジンで争われた。 これは佐藤琢磨が活躍した時代のホンダF1 V10エンジン...

CVT仕様はどうか?

当たり前な話であるが、6速MTより動力性能は落ちる。N-ONEやN-BOXに採用されている7速CVTパドルシフトを想像してもらえば良いだろう。 逆に、パドルで小刻みにシフトアップして、町中を流すという乗り方であれば、燃費も良いし、クラッチ操作も不要なので楽しく乗れるだろう。

例えCVTを選んだとしても、ボディ剛性は変わらないので、コーナーを攻めた時のワクワク感は変わらない。

幌の開閉

様々な憶測が飛交ったソフトトップは取り外し式…

ということで、ソフトトップの開閉が絶望的w これじゃ面倒くさすぎて開ける機にならない。突然雨に降られた場合は中々情けない事になってしまいそうだ。

めんどくせぇw ランボルギーニ ムルシエラゴLP640 ロードスターの屋根の取り付けがダルすぎる。
ランボルギーニ ムルシエラゴロードスターは2600万円もするスーパーカーなのに、屋根の取り付け方が完全にドライバー泣かせな仕様。

取り付け手順

フロントのボンネットに幌収納用ボックスが付いている。

スクリーンショット-2015-03-27-12.12.41

この取り外し式ソフトトップを運転席、助手席側それぞれの爪に引っ掛ける

スクリーンショット-2015-03-27-12.13.28

上手く引っ掛けたら、両サイドの固定レバーを引いてロックする。

スクリーンショット-2015-03-27-12.14.01

最後にクルマの中に乗り込んで、フロントガラス付近のレバーをロックする。

スクリーンショット-2015-03-27-12.14.29

あああああめんどくさいwww

マツダロードスターのように、もっと簡便な方法がなかっただろうか?

これだけ手間掛かると、気軽にオープン走行しなくなってしまうのではなかろうか…. いや、あれだ。そもそも幌閉めなければ良いし、雨の日に乗らなければ良いんだな。

逆に青空駐車のオーナーはずっと幌閉めっぱなしになってしまう気も….

取り付け方が甘いと雨漏りしちゃう危険性もあり? もはや雨漏りはオープンカーの宿命というかセットで付いてるので、イチイチそんな事で文句言うのは間違ってるかもしれません。

【衝撃】鈴鹿の130Rで初代DC2 インテグラタイプRが大クラッシュ....
2010年11月30日に三重県の鈴鹿サーキットで開催された、REV SPEED SUZUKA CIRCUIT RUN MEETINGでのハプ...

自動車評論家によるS660試乗機はこちら。

こっちは主にオープン状態での感想が良く伝わって来る。

スポンサーリンク

シェアする