制御不能!? インプレッサGC8がハイドロプレーニング現象でクラッシュ → 全損事故。

スクリーンショット-2015-03-22-12.19.20

クローズドコースにてヒルクライム競技中、全開走行で時速118Km/hに達したときにハイドロプレーニン­グ現象が発生。突然コントロールを失い一瞬でコースアウトしてクラッシュしてしまう。

成す術無く、クラッシュしてしまう映像は背筋が凍り付く。

このドライバーさんのコメント

私自身、初めての経験ですが、本当に一瞬で全コントロールを失い何もすることができま­せんでした… この事故は、「起こるべくして起こしてしまった事故」であり大いに自分自身を反省すべ­き恥ずべき事故なのですが、ハイドロプレーニング現象の状態に陥ってしまった後は、回­復するまで何もできないことを実体験で学びました。ほんの一瞬の出来事ですが、この一­瞬が致命的になった事例です。

ご覧いただいた皆様におかれましては、この動画を戒めに、雨の高速道路など、高速走行­にはくれぐれもお気をつけください。

こんな激しい事故にもかかわらずドライバーの私は不思議なくらい無傷でした。鞭打ちも­後遺症も全くなし。ボディーが私を包み込むように護ってくれたのだと思います。

しかし、新車から14年間大切に乗り続けてきた愛車GC8インプレッサをクラッシュさ­せてしまいました…とても切ないです。

これはどうする事も出来ないなぁ.. 出来る事と言えばクラッシュするのを覚悟して頭部を守る事くらいしか..

新車から14年間連れ添った大切な愛車だけに、一瞬の出来事でこのような事になってしまうとは思っても見なかったでしょうね。

雨天走行時に特に気をつけなければ行けないのはスピードの出し過ぎです。普段より余裕を持って、安全運転を心がけましょう。

以下Youtubeのコメント

LOVE LIKE ROCK
インプレッサはどっかんターボなので、急加速でハイドロになりやすいです。自分もGCをハイドロで廃車にした記憶があります。 GCだけで3台エボで2台ヴィヴィオやワークスまで乗ってしまいました笑  でもやめられない楽しさが競技にはあるのでがんばりましょう^^
yukari kyo
私も34GTTで路肩につっこんで半壊した経験があるので気持ちは察します。手痛い教訓でしたが、今では臆病にもなり上手くもなったと思ってます。
Y-CAT
ドライバーが最後まで落ち着いていたのがスゴイ…
delphrnas110
車の安全装備の大切さが良くわかる。
競技も視野に入れた改造だから、当たり前と言えば当たり前だけども、これらの装備(ロールバー、バケットetc..)の存在はとても重要だと知らされるわ

おまけ
14年間連れ添った愛車とのお別れ。ウルッと来る…

スポンサーリンク

シェアする