【試乗】まるで宇宙船みたいだ…. 限定15台の パガーニ・ゾンダRに乗ってみた!

スクリーンショット-2015-03-18-16.15.09

パガーニ・ゾンダと言えば、フェラーリやランボルギーニに列ぶイタリアのスーパーカー。

通常モデルでさえスペシャルなモデルなのだが、ゾンダRは2009年に僅か15台製造で、サーキット専用に設計された公道使用不可の特別モデルだ。

ゾンダRを駆るのはトップギアで同じみ、ジェレミー・クラークソン。

スクリーンショット-2015-03-18-16.21.58

ゾンダRはレースカーであるメルセデスベンツ・CLK-GTRのエンジンをベースにしたAMG製M120型V12ユニットを搭載。最高出力は750馬力を発生。トランスミッションはこれまでの6速MT(Hパターンシフト)から、更なるタイムアップを測る為、ゾンダシリーズ初のパドルシフト付、6速シーケンシャルATを装備。

AMG V12エンジンを響かせながら、容赦なくゾンダRを攻め立てる。

スクリーンショット-2015-03-18-16.37.19

斜め後ろから見ると、ステルス戦闘機みたいでカッコイイなぁ….

あまりの快音、パワーにご満悦のジェレミー。

Honestly… What’s a machine. what a machine…
冗談じゃねぇよ… 何てマシーンだよまったく…

スクリーンショット-2015-03-18-16.14.50

価格はフェラーリやランボルギーニより少し高く、146万ポンド、日本円にして2億6千万円。(少しちゃうわw)

映像ではゾンダRの快音とトップギアコースでのタイムアタックも確認できる。注目のタイムはどうだろうか?是非あなたの自身で確認して欲しい。

いやーとんでもねぇクルマだなぁ… 実際にお目にかかる機会はマクラーレンP1やポルシェ918スパイダーより難しいだろう。

また、ゾンダRのニュルブルクリンクラップタイムは6分47秒50だ。これは、ポルシェ918スパイダーの6分57秒より10秒も速いタイムだと言う事を考えると、とんでもない速さだと言う事が判るだろう。(もちろんサーキット専用車両なので、スリックタイヤの装着やナンバーを付けれない等の制約はあるが)

ゾンダRのスペック

全長:4,886mm
全幅:2,014mm
高さ:1,141mm
ホイールベース:2,785mm
重量:1,070kg
0-100km/h加速:2.7秒
最高速度:350km/h
ニュルラップタイム:6分47秒50

おまけ
ゾンダRのニュルタイムアタック映像

【市販車最速】ポルシェ918スパイダーでニュルブルクリンクのラップタイム記録を更新してみた
918スパイダーが出したニュルブルクリンクのラップタイムは6分57秒。 ミッドエンジンスーパーカーのカレラGTで7分28秒、911GT...
スポンサーリンク

シェアする