何だこの違和感は… F1マシンにCVTを載っけて走るテスト

スクリーンショット-2015-02-13-13.47.48

1993年にウィリアムズFW15CのトランスミッションをCVTに載せ変えてテストした映像。
ドライバーは若かりし頃のデビット・クルサード。

変速せずにヌォーーーっと進んで行くF1マシンは違和感だらけw
ルノー3.5L RS5 V10エンジンも、これじゃあちょっと美しくない音に聴こえてしまう…

実際問題F1でCVTを載せるのはどうだったかというと、エンジンの最高出力を常に伝達する事が出来る事から、ラップタイムは1週につき1秒以上も速くなったのだとか。速すぎて逆にエンジンの耐久性が心配になっちゃう程。

しかしF1のレギュレーション上「ドライバーが変速操作を行う」という事が前提となっている為、結局実践投入される事なく消えて行ったのでした。

まぁ…CVTがF1で使われたらなんだかドライバーも、見てる方も面白みに欠けると思いますけどね。技術的な観点で見てみると凄く面白いんですが。

スポンサーリンク

シェアする