27年も乗ってるのに全く壊れない! 初めて新車で買った ホンダCR-Xを紹介する微笑ましい映像

スクリーンショット-2014-12-30-23.53.17

初めての新車で買った愛車というのは、
クルマ好きにとってはとりわけ特別な存在だろう。

それも自分で稼いだお金で購入となれば、
忘れられない思い出になるに違いない。

今回は初めて新車で手に入れた愛車、
2代目ホンダ CR-Xを27年間も所有し続ける男性の映像を紹介する。

米国カリフォルニア在住のクリストファー・ホフマンさんのホンダ車との最初の出会いは、14歳の時に彼の母親が77年式ホンダ シビックワゴンを購入した時。

当時はローカルのホンダオーナーズクラブなんかにも参加したそうだ。

スクリーンショット-2014-12-31-0.12.56

それから10年後。彼が24歳の時、ボロボロのフォルクスワーゲンシロッコに乗っていたのだが、どうにも信頼性に乏しく、母が乗っていた全く壊れないホンダ車に戻る事を決意。

ついに人生初めての新車 1987年式 ホンダ シビック CR-X Si(海外名称)を購入した。

それからというもの、彼はCR-Xの虜になり、2014年の現在に至までの27年間このクルマを所有し続けている。購入から27年という長い歳月にも関わらず、重大な故障は一度もなく、修理した箇所は片手で数えられる程だという。

具体的には僅かにスターターモーターとバルブを2個、エンジンの燃料インジェクションO-Ringを交換しただけ。

CR-Xの880kgしか無いボディの軽量さ、5速MTのショートシフト、それに加えて1.5L D15B型 直4エンジンから発生するサウンドが刺激的!
たったの91馬力しかないエンジンでも880kgの車重には十分なパワーで、クリストファーさんを何時も笑顔にしている。

日本から遠く離れた米国で愛され続けるCR-Xはとても嬉しそう。
チューニングされたCR-Xより、こうして27年間もの長い年月をノーマル状態で大事に乗り続けているのは彼の愛情を感じられる。
こういうフツーのエンジンが乗っかっててハッチバック、荷物も沢山乗って、それでいてMTを操るのって最高にクールだと思います。

スポンサーリンク

シェアする