失意のドン底のマクラーレンホンダ、しかし今年中に優勝する事も可能だ。

Eric-Boullier-Yasuhisa-Arai-McLaren-Honda-Formel-1-Test-Abu-Dhabi-25-November-2014-fotoshowBigImage-fb2a28aa-826735-750x500

開幕前テストからまともな走行すら出来ず、フェルナンド・アロンソの不可解な事故によるレース欠場、そして開幕戦で最下位という厳しいスタートを切った新生マクラーレンホンダ。

しかし、マクラーレンホンダのレーシングディレクターを務めるエリック・ブーリエは、2015年シーズンの後半にはチームが優勝出来る可能性は残っていると考えている。

彼のコメントにメディアは懐疑的で、23年ぶりに英国と日本が手を組んだ新生マクラーレンホンダが競争力を取り戻すには、少なくとも1年以上は掛かるのではないかと噂されている。

マクラーレンホンダMP4-30 エンジンレイアウトの技術解説
新生マクラーレンホンダに搭載される、最新のエンジンレイアウトをF1公式サイトが解説した。 マクラーレンホンダはプレシーズンンテストにお...

エリック・ブーリエはスペインメディアのEL Paisに対し、事実としてメルセデス、フェラーリ、そしてルノー陣営に対して遅れをとっている事を認めている。

「フェラーリ、ルノー、メルセデスがこの1.6Lターボエンジンを使用する事を決めた時、彼らには3年間の準備期間があっただろう?それを忘れちゃ行けないよ。」

「ホンダがF1に復帰する事を決めたのは2013年の5月だ。だから実質の準備期間は1年半しかなかったわけだ。半分も短い準備期間の中で、マクラーレンとホンダのパッケージングはまさに革命的と言える程、順調に進んでいる。全てがボジティブだが、我々にはまだ時間が必要だ。」

「こんな短期間で準備するというのは、かなり野心的な試みだよ。」とブーリエは付け加えている。

Jenson-Button-F1-Testing-Barcelona-Day-Three-a_xUgxAvTdIx-750x499

開幕戦オーストラリアGPでもエンジンの信頼性に苦しみ、銀色と黒色が特徴的なマクラーレンホンダのマシンが見せた結果は最後尾からのスタートという不甲斐ない結果。

メディアはオーストラリアGP仕様のホンダエンジンは、ERS(エナジーリカバリーシステム)を使用せず、レブリミットを引き下げていた事により、トップを独走するメルセデスに対して200馬力も劣っているのではないかと噂されている。

マクラーレンホンダの情報隠蔽? 不可解な事故に消えない感電説。アロンソの事故を検証する
2月22日にスペインバルセロナで行われたシーズン開幕前テストで、クラッシュ後、ヘリコプターで病院に緊急搬送された、マクラーレンホンダのフェル...

しかし2015年にマクラーレンホンダMP4-30が優勝出来るか?という質問に対して、エリック・ブーリエは「そうだね、まだ優勝は可能だと思っている。もちろん3〜5戦でトップを争えるとは思っていないがね。」とコメントした。

ソース: GRAND PRIX247

とりあえず開幕戦は完走できただけ良かったかなぁ… データを蓄積していって、速くフルパワーのホンダエンジンを見てみたい。

スポンサーリンク

シェアする